上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012
03
21

Manabu Furusawa-


古澤良治郎というドラマーをご存じだろうか。
ある時期日本のジャズ界を牽引した熱い演奏家だった。
残念な事に昨年、63歳という若さでこの世を去った。
彼を偲ぶ会や、彼の事を慕う人たちによる演奏も数多く行われ、
今年の9月5日にはまた『古澤良治郎祭り』が、東京高円寺ジロキチで行われる予定だった。

彼には息子が二人いて、兄は映画、弟は音楽と、それぞれ創作家としての道を選んでいる。
その弟、古澤学君が
3月16日、36年の生涯を閉じた。

僕と彼には面識が無い。
ひょんなことからネットの世界で出会い、言葉を交わし、それも他愛のない戯言の事が多かったのだが
この一年ほど濃密な、そして楽しく純な時間を過ごした。
マイケル・シェンカーが好きで、あらゆる人に優しく、そして繊細でガラスの心を持っていた彼は、
僕にも回りの友人達にもある種の癒しと澄んだ心のありようを思い出させてくれた。

昨日3月20日お別れの会が執り行われ、参加された友人が参加できなかった皆にその写真を公開してくれた。
素敵な笑顔をネットを通してみる事が出来た。

残された者皆にとって、若くして逝ってしまう事の辛さを少しでも和らげようとしてくれているような笑顔だ。
彼とのこの短い付き合いが、僕にとって少なからずの癒しであったように、
僕と、彼と関わった心ある友人達とは、この笑顔を受け継がなければならない。
学、後は任せておきなさい。
こんな風に言える資格と覚悟をこの先持ち続けたい・・・。

合掌。



m100




2012/3/20-

『ある概念の認識が個人や社会の共有であるか否か、蓋然命題たるか否か』
があらゆる状況での感情や行動を差別化する。

【死】と【生】とは、それぞれ独立して、しかもそれらは対極として多くの場合語られ、認識される。
不可逆な時間軸で【birth→deth】として考えられている人の一生は、【死】で終息するが、これは現代の科学叡智の知り得る所までの認識に他ならず、この命題ははるか昔から人の心情、精神、哲学上の思索を揺さぶるものとして今もある。だから、宗教は未知の世界での安息を約束し、社会はそのbodyを丁重に葬る。

純粋に数学的な思考で考えてみると、
集合としての生と、集合としての死(かなり乱暴だが)が、帰属であるか包括であるかの違いを別にしても、一個体の【生】と【死】とは外延性の原理において=となり得るだろう。言いかえれば、『生きている状態が生で、死んでいる状態が死』か『生きている状態が死で、死んでいる状態が生』かの認識の違いだけなのだろう。ただし、これはあくまでもある一つのファクターを定数としているにすぎない。しかし、根本の認識を僕はここに置きたい。

だから僕は、
【死は生の一部として在る】、あるいは【生は死の一部として在る】という認識に立つ。
再度だから、僕は僕にこの先訪れるであろう【死】を恐れる事はない。
怖いのは、【死】に至る過程での苦しみや痛みや、心残りや、諸々の、人として在ったことで引き起こされる雑念だろう。
【死】そのものは、僕を含めた?好奇心旺盛なある種の人たちには、積極的にそれを選ぶにしても選ぶ勇気が無かったにしても、未知の現象を知り得る好機なのだから。
と、ここまでは重要な変数を無視した所での解答でしかない。

一番重要で、そして厄介(笑)なのは、
【死】が一個体に取っての状態ではないという状況だ。
ある一個体の【死】は、ある社会の出来ごととして認識され共有される状態なのだから。。
家族、友人、仕事・・・その死にまつわるもの全て、逝ったものと残された者。社会的な現象としてののっぴきならないものとして立ち向かってくる。
そしてそれはある時期負のベクトルとして拡散する。
けれども人の心はそれを時間の流れの中で、正のベクトルへ漸近させる力を持つのだ。
それが弱い『人』に与えられた生きるための正しい?心だろう。

悲しい、悔しい、そしてやるせなく溢れる涙が、美しい涙に変わる時が来て、
穏やかで優しい諦めや、思い出の中に見つける少しの微笑みや語らいが、
それを連れてくるその時に、
死者を含めた、この【死】に関わる人たちを癒すのだろう。

美しい涙を共有できた時、ここに示された一つの【死】は、昇華する、と信じる。
安らかに、穏やかに眠れ。



スポンサーサイト

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。
  2. 2012/03/23(Fri) 06:09RIE727 [ URL|Mail ]

    あたしは死への免疫が無さ過ぎでしたわ。
    覚悟まではいかなくても、せめてもう少し、事前に時間が欲しかった。
    でも、そう1番思うのは、死んでしまう本人なのでしょうね。

  3. こんばんは

    2012/03/23(Fri) 19:07iri [ URL|Mail ]

    古澤さんの事、面識が無くても私もマダその寂しさは癒えません。
    本当に優しい人でしたね。
    どなたかもおっしゃっていましたが、天使の様な人だったのかもしれないと思います

  4. 2012/03/24(Sat) 10:13tam.ra [ URL|Mail ]

    こんにちわ

    古澤良治郎さんの名前は昔から良く知っていましたが、気にして聴いてはいませんでした。 HPにあるラスト・レコーディング 第1集「タケシ」、第2集「マナブ」、最高に素敵な顔をいているし、子供達のプロデュースとか、素晴しい人生だったのでしょうね。 65歳は早すぎる。

    生と死の境目、これって個々人の頭(記憶)の中にあるだけのもので、音信不通の人が生きているのか死んでいるのか、既に亡くなった人もその死を知らなければ生きている。

    生と死を決定的に分けているのは、亡くなってしまった人の消滅(形という物理的な存在として)と同時に自分という一人の人間が故人の記憶から消滅してしまう(本当かな?)ことでしょうか。これが一番の悲しみではないでしょうか。

    追伸;
    3.11の詩は凄かった。

  5. 2012/03/26(Mon) 10:54ew1 [ URL|Mail ]

    RIEさん、またまた返事が遅れました。御免なさい。
    誰でも、死への免疫は少ないですね。実際僕もその時には右往左往しました。ただ、今は時間がそれを少し和らげてくれている、という事ですか。
    いつ来るか解らないその時の為に、悔いの無い様に過ごしたいけれど、言うは易し行うは難しです。

    あまり無理をしないようにですね、お互いに。
    日記も少し復活の様子、楽しみに読んでますよ。
    遅ればせながら、御両親に春の香りを送らせてください。安らかに・・・。

  6. 2012/03/26(Mon) 10:57ew1 [ URL|Mail ]

    iriさん、こんにちは。
    皆さんのコメントを呼んでいると、学君はとても優しい人だったみたいですね。こんな人が生きにくい世の中の方が間違っているんでしょう。
    僕らは彼の分も生きなくてはですね。
    これからも生きる力を皆で分かち合いましょう、か?
    でも、そろそろブログも復活しないと、です。

  7. 2012/03/26(Mon) 11:12ew1 [ URL|Mail ]

    tam.raさん、こんにちは。
    昨年の春以来、身の回りで訃報が続いています。何だかなぁ~な感じです。
    震災や津波でのそれや、友人関連、そして今回はまだ若い新しい友人でした。
    少し落ち込んだりでしたが、そのような自分の心情を自分自身で鼓舞するつもりでの最近の投稿でした。
    生きる事とか死ぬ事とか、人である以上、このめんどくさい事を忘れる事は出来ないんでしょうね。
    だったら、未知のものを探求する楽しみに変えるしかないですか(笑)
    tam.raさんの長編も僕の詩も、それなりに意味があると信じて、です。
    そちらにもまたお邪魔します。

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

clock- work

プロフィール

eeewaa00

Author:eeewaa00
WHAT'S NEW ?!

SO WHAT ?!

THAT WAS THAT !!

B.B.S.-eeewaa's Home Room

http://eeewaa1.bbs.fc2.com/

年別アーカイブ一覧

検索フォーム

Direct Mail to us from U.

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

Ranking

eeewaa1

zz- #01

zz- #02 GB-10NA zz- #03 AR300BK

AR-300BK

zz- #04 HS-JS1 zz- #05 SG 2000

SG-2000

zz- amp#01 zz- amp#02

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。