上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012
03
11

~ 311-

~ 311-


青く黒く暗く
練歯磨の粘度を持ち
ゆっくりとしかし強く対流し
太刀打ちできない重量で人を抱え込む
父なる海

あるいはそれは優雅にたゆたい
あらゆる命の恵みを運び続けて
あくせく蠢く現世の峡眼を諌めつつも
小さきものの愚行を微笑みと慈悲とで許す
母なる海

たとえ天の神の眼差しが何をも語らず
唯微笑んで見下ろすだけでしかなくとも
海の抱擁はいとけなき赤子の眠る揺り籠のそよぎの如く穏やかで
たとえ突然に終えた人生を残された者と共に飲み込んだとしても
それらは美しい思いとともに在る

海に漂うも海に遊ぶも
海に沈むも海に朽ちるも
数多の残されし想いも願いも祈りも
全て受け入れ
春に向う命の海は
この日に生まれ出でた幾万の神と共に
私と友とを見守り我等の未来を育むのだ

祈り感謝だ願い感謝だ想い感謝だ
憐憫に勝る感謝の祈りを私は今日も捧ぐ

海は深く静かにそこに碧い




弥生十日余り一





春三題。

2012/3/1-


1 春が来る。

春が来る春が来る春がくる
見えるよ匂うか香る今
春が来る春が来る春がくる
水は潺ゝ雲悠ゝ
風はきりっと柔らかい

春が来る春が来る春がきた
嬉しい悲しい恥ずかしい





2 春

粉と石と砂と水とおまけに鉄とでがちがちに固められた躯体で外界と完全に密閉遮断されたマンションの唯一つ自然に接するベランダにほころぶ花は逞しくもそれに寄り来る虫の春。常の高さで無く空気の薄い天上近くでそよそよと頼りなげに船に渡したロープの万国旗をはためかせるなま暖かい風は誰に文句なく整列しふらふらと漂う洗濯物の春。傘をたたみ歩みを休め煙草に火をつけ煙を吐きながら少し顔をあげてふと緩む笑みは所在なく過ごす自己への苛立ちを少しの間忘れさせてくれるやすらぎへの感謝か?期待か?俺の春だ。




3 夏を連れ来る春

狂人を愛で、
夏の入り口に少しでも近付く喜びの春は、

脳を包む、

桜色のぼんやり暖かいのぼせの気分を連れてくる。

早く通り過ぎてくれと叫び、
あの焼けつくように紅い、
夕立上がりの太陽がギラギラ照りつける道にあった、
鮮血の美味さを送りつける夾竹桃の季節を待ちわびる。

病院への坂道で見たあの夾竹桃は、今も愛しい夏に咲くのか?
あれは今も僕を呼ぶのか?
夾竹桃の、夏が春と共に来る。




スポンサーサイト

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。
  2. 2012/03/08(Thu) 17:05iri [ URL|Mail ]

    こんにちは
    もうすぐ1年早い物です
    色々な事があっても結局人間は自然の中の小さな1生き物だと言う事を
    決して忘れてはいけないと改めて感じています

    17年前 、1年前、次・・・
    それは地球の営みから見たら、ほんの僅かな出来事なのでしょう

    それらの事に
    様々な想いを持ちながら向き合わないといけないと考えたりもするこの頃です


    良い詩をどうもありがとうございます

  3. 2012/03/10(Sat) 23:44ew1 [ URL|Mail ]

    iriさん、こんばんは。
    あっという間の一年でしたね。
    でも、色々な事もありました。
    こんな風にして時は過ぎていくけれど、忘れられない事、忘れてはいけない事は大切に刻んでおきたいです。

    昔若いころ、文学青年を気取っていた事もありました(笑)
    恥ずかしながらですが、読んでいただいてありがとうございました。

    ではそろそろ、いつもの少し危ういのに戻りましょうか・・・。

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

clock- work

プロフィール

eeewaa00

Author:eeewaa00
WHAT'S NEW ?!

SO WHAT ?!

THAT WAS THAT !!

B.B.S.-eeewaa's Home Room

http://eeewaa1.bbs.fc2.com/

年別アーカイブ一覧

検索フォーム

Direct Mail to us from U.

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

Ranking

eeewaa1

zz- #01

zz- #02 GB-10NA zz- #03 AR300BK

AR-300BK

zz- #04 HS-JS1 zz- #05 SG 2000

SG-2000

zz- amp#01 zz- amp#02

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。