上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010
03
02

anex- eee的日常 #01

とりあえず、カテゴリー設定したもので、
anex- eee的日常 #01


これは、フィクションです。

むせ返るような熱気を顔のあたりに感じて、目を覚ますと、葉子食堂の飼い猫がEの鼻を舐めていた。どうせなら、もっと下の方舐めろよ、ザラザラして気持ちいいかもしれないのにと、ベッド上で裸の下半身を確かめ、健やかなる朝勃を愛でる。

今13時くらいか、食堂の主はいずこ?僕のパンツは?と、寝ぼけていると、突然の訪問者あり。

これはまずいかも、と身構え、息を殺して死隠を決め込んでいたら、能天気なKちゃんの声がEを呼んだ。

ここからは、与太郎話風に。

「Eちゃーん、起きてよ。葉子ちゃんに聞いてきたんだよ。急ぎ。大至急。非常事態。」
ドアを開けて、
「うるさいなぁー朝っぱらから。まあ落ち着きなさいよ、あなた。急いては事をー焦らず尻っぺたからパンツは脱がすーの言い伝えありヨ、ブラザー」
何か今日は寝起きが良いE。
昨夜の定食が殊の他美味かったからか。

「それでどうしたんだい、与太郎。落ち着いて、順序正しく聞かせておくれ。その大至急非常の事態ってえもんを。」

「それがねご隠居、けさ7時に起きて、がっこ行こうかなぁ、でも暑いし、もうちょっと寝るべえか、あっ、でもビンビンだからこのまま擦るかとか色々考えてーーー」
「与太郎!用件は!」

Kちゃん、正気を取り戻して、
「3Aの親方からトラもらってネ、そんで『白白赤の白ピカ』必要。Eちゃん『白白』貸してくんなまし?」

「へぇー、3Aは『黒黒黒の何でも』が普通じゃん?またどうして。親方狂ったか。それとも支配人が。何やるの?ラテン?『看板』は誰?『フリフリ』は?」
立て続けに質問すると、Kちゃん得意げに、
「多村英世大先生。『ご存知ご当地無法松演歌ショー』二日公演イン3A」と答えたもんだ。

「嘘は泥棒の萎え珍棒って言うよK。ドンバが『白白赤の白ピカ』なんか着たら、大先生がどんだけ派手な着物着たって、立たないじゃんか。冗談もたいがいにおしよ貴方。」

するとK、またまた得意げに、
「大先生からの御上意との事。大先生が『黒黒黒の黒ピカ』纏うからとの事。2回目に『シナトラごっこ』やりたいんだってよ。」

「あぁーー、そういう事。地方で羽目外したいわけね、大先生。さも有りなんのチュニジアの夜。」

「早く貸して!時間が無い」
「『白白』有るけど、『赤蝶白ピカ』は持ってねえよ、Kちゃん。」

「いいの、『赤蝶』は3Aに有るし、『白ピカ』は、前垂れに隠れるからいらねえよ、ってテナーのセカンドが言ってた。」

「そうかー。いいけど家に有るから、夕方出張る時に一緒に取りに行こうか。まあ、茶ぁでも飲んで。」

やっと事情が呑み込めて、Eにとっての不測事態を回避できたこの男、サイフォンたらいう実験器具の使用法覚えているかなぁ、などと考えていると、

「Eちゃん、急ぐんだよ。親方の家行って、写譜手伝わなきゃだから。」とKは、急かした。

「写譜?大先生のジャーマネが持ってくるだろうよ、勧進帳。なんで写譜するの?」
「それがね、シナトラの曲目のリストだけ昨日電話で伝えてきて、後の事はお任せで宜しく、だそうですよ。そぎゃんばってん、親方青ざめてCメロ集めて、昨日、はねてから、老眼に鞭打ってのスコア作り、とまあこんな案配だと思いねえ兄弟。」
Kちゃんも調子が出てきた。
事情はすごく、すこぶる、はっきりと、理解したE。しかし有る疑問が脳裏をかすめる。何でK?

「Kちゃん、3Aハコにゃぁ【進駐軍お墨付き特A】のチャーリー吉村翁Gが在籍ジャンよ。なんでトラ必要?ツインGなん?わからんなー」

ここでK、また得意げに、
「それがね、行方不明!二日前から所在知れず。」
「へえ、珍しいねー。チャーリー爺さんはスリクもトランプも、ましてやチャンネーにも無縁のはずだけどなぁ。たま姉さんに聞いたら?」

「それがね、それがね、(Kはますます畳みかける)姉さんが親方の所に聞きに来たらしい。親方には、忌引き届出しての失踪。」

「おいおい、あんまり無責任な事言うもんじゃあアーりません。ドンバの鏡、吉村翁に限ってー」
あの事かな、とチョット不安になったが、Kが畳みかけてくる。

「それがね、それがね、それがね、先週のラス日に、バンス3ヶ月分喰って、それからトンズラ。」
(3Aは、3ヶ月もバンス喰えるの?移ろうかなー)
「そうなの、Kちゃん。あんまり立ち入らないようにしようか、なにせ袖すりあうも喧嘩の元と言うしね。」

とまァ、色々有って、無事に『白白』を貸し与え、さてEも今日の食堂のローテーションは?と重要な命題を考える。(本来、金土は真知子食堂だけど、計算に弱い店主が『ごめんなさい、お客さんが早めに来ちゃった、だからー』なんていわれたものだから、まぁあまり信ぴょう性は無いけどね。男は黙って、他の穴。)

正しい思考を、またまたKちゃんが分断する。
「Eちゃん、『多村英世大先生』の注意点何かある?小瀬えてよ。」と、甘える。
「基本演歌だから、忙しいよ。始め、中、終わり、それとおかず。休むとこ無いけど、心配しなくていいよ。大先生は御自分の世界にいつも御浸りだから、ドンバの音聞いてない。
初見で少しくらい間違えても、急に曲丸ごと一つ♭しても、大先生は、♪と♪の間をいつも歌ってくださっているから、かえってこちらから合わせようとするとお祭り騒ぎ。ただ黙々と多村教の信者として、ナイロン弾いてりゃあいいのさ、チャンチキオケサ。」
と、また
「シナトラは?」

「基本4びーとのスゥイングだし、歌ものだから、チェンジも簡単だろうよ。親方がスコア書いてるんだし、Kちゃんをトラに指名したんだから、あんまり難しい事させないと思う。(チョット言い過ぎたか・・・。ごめんねKちゃん)しっかりと、跳ねすぎないように、フレディーグリーンすりゃあ問題なしでしょ。(これがほんとは難しい)」

そんなことより、今夜の食堂決めなきゃ、そろそろ行けよ写譜しにさぁー。

やっと、Kちゃん腰を上げたけど、まだ何か言いたそうなので、
「まだ何か?」と、少し冷たくあしらうと、

Kちゃん、ニヤニヤしながら、
「Eちゃん、先週のラスとラス前、『大看板』来てたでしょう。なんかさぁー、巷の噂によるとEちゃん、弁当やったって?ほんと?良いなぁ、うらやまし。」
・・・・・、
・・・・・・。
「xっぁあー、なんかそんな話、有ったみたいね。直接は俺は知らないけど、支配人から親方に。ンでも、有りえねぇでしょ、『大看板』が俺に 恋の奴隷になりたいの♪ なんて歌ってくれるわけがねぇよ。それに俺も弁当してるほど暇じゃないし、食堂めぐりで稼がないと後期の授業料がピンチなんだから。」

と、やっとKは出て行った。
危なかった、弁当は、決してそれを口に出してはならぬ。

身を引き締める、Eであったとさ...。

その夜の3Aは、今でも仲間内に語り継がれるほどの、大大喜利大会、『白白赤蝶、白靴下』『白白赤蝶、裸足(はだかあし)』が、19人中12人。なんと親方は、ペンキを吹きかけた『白ピカ』で登場したとのことである。
麗しいシナトラナンバー『ふらぁぃみいぃぃぃぇぃい~ 、と~うだむんxふぅん~』に包まれた、
この夜の酔客は、感激したに、違いない。

エー、おあとがよろしいようで。

続きは、また何時の日か。

再度、これは、フィクションです。
スポンサーサイト

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

clock- work

プロフィール

eeewaa00

Author:eeewaa00
WHAT'S NEW ?!

SO WHAT ?!

THAT WAS THAT !!

B.B.S.-eeewaa's Home Room

http://eeewaa1.bbs.fc2.com/

年別アーカイブ一覧

検索フォーム

Direct Mail to us from U.

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

Ranking

eeewaa1

zz- #01

zz- #02 GB-10NA zz- #03 AR300BK

AR-300BK

zz- #04 HS-JS1 zz- #05 SG 2000

SG-2000

zz- amp#01 zz- amp#02

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。