上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011
10
06

#072- Morishita aiko - nureba

#072- Morishita aiko - nureba


遅くなりました。
ちょっと旅に出ていたもので・・・。

で、
10月初っぱなは、9/26に続いての熟女女優さんの若き日の映画からです。
今は大御所フォーク歌手のパートナーとして忙しく介護の日々をお送りの御様子。
時々はまた、登場を願いたいものです。

19歳の初々しい、しかし体当たりの演技を、
では、お楽しみください。



Morishita aiko - nureba ( nostargia)
アダルト動画:Morishita aiko - nureba ( nostargia)
Morishita aiko - nureba ( nostargia)




#072- Morishita aiko - nureba




Morishita aiko - nureba ( nostargia) 



この作品は、寺山修司の独特な世界観に彩られ、東陽一が劇映画三作目としてメガホンをとり、キネマ旬報ベストワン、ブルーリボン賞、芸術選奨文部大臣新人賞などを受賞し、映画監督としての地歩を固めた。



製作年:1978年
脚本:寺山修司
監督:東陽一
出演:永島敏行、森下愛子、吉田次昭、島倉千代子、他



まぁ、名作です。
永島敏行、森下愛子、東陽一の出世作といってもいいでしょう。
これも出来れば全編をご覧いただきたいものです。


森下愛子 - Wiki
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A3%AE%E4%B8%8B%E6%84%9B%E5%AD%90

東 陽一- wiki
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E9%99%BD%E4%B8%80








再度、で。

前回に続いてEric Dolphyを持ってきました。
特集とまではいかないんですが、丁度いい機会なので少しまとめて聴いて頂きます。



Outward Bound
owb


(04/01/1960)
Eric Dolphy (alto saxophone, bass clarinet, flute)
Freddie Hubbard (trumpet)
Jaki Byard (piano)
George Tucker (bass)
Roy Haynes (drums)



1. G.W.
2. On Green Dolphin Street
3. Les
4. 245
5. Glad to Be Unhappy
6. Miss Toni






前回(9/26)の【Out There】と同じく1960年のアルバムなんですが、こちらの方が早いリリースです。
Dolphyの初リーダーアルバムなんですね。


この年(1960年)Dolphyは精力的にアルバムを作成しています。
その中で押さえておかなければならないのは順番に、【Outward Bound】、【Out There】、【For Cry】の3作でしょうか。【For Cry】はオーネットの【Free Jazz】の録音と同時に作業していたし、本当にこの年の活動は驚異的です。
この後1961年の【Live! at the Five Spot, Vols. 1 & 2 】1963年には【The Illinois Concert 】、1964年【Out to Lunch】、【Last Date】と続くのですが、彼の彼たる世界を知る上である意味での指標と思えるのが、僕にとっては(あくまでも)今回のこのアルバムだと思います。

Eric Dolphyについては、ある程度アルバムの御紹介がそろった時点で、カテゴリーを作成してまとめたいと思っています。かなりの分量になるかもですが、時間をかけてぼちぼちと、です。

では、楽曲をお楽しみください。

因みに、このアルバムの肝は、
ズバリ、Freddie Hubbard (trumpet)、です。
Booker Little (trumpet)でないというところが、この時期のDolphyの立ち位置を象徴していると思うのです。
3曲目の【Les】と4曲目の【245】の二つのブルース。5曲目のフルートのフレーズ。何か感じていただければと思います。

【OUT・・・】
何からのそして何へ向かってのOUTなのか。
時代を席巻していた絶対神から、自分自身の音楽へと向かって・・・。







G.W.
On Green Dolphin Street






Les
245






Glad To Be Unhappy
Miss Toni














スポンサーサイト

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。
  2. 2011/10/08(Sat) 09:37tam.ra [ URL|Mail ]

    下の公園から運動会の歓声が聞こえる秋晴れの朝です。

    Dolphyの特異な演奏(最初はそう聴こえた、音階が上下にうねる)が生まれたか?、Bill Smithという3rdストリーム・ジャズに参加していた人が唯一同じセンスを持ったミュージシャンでお互いに影響しあったのかなと勝手に考えたことがありました。 パーカーは突然変異のようにモダン・ジャズを創り上げ多くの後継者を生みましたが、Dolphyを真似るのは難しいのでしょうかね?

  3. 2011/10/08(Sat) 09:51tam.ra [ URL|Mail ]

    追伸

    レコード・コレクションの1枚目は、
    ”Last Date”でした。

  4. 2011/10/09(Sun) 09:28ew1 [ URL|Mail ]

    tam.raさん、おはようございます。
    ここ二三日は本当に気持ちのいい日が続いています。庭農での心地よい疲れをお楽しみの程(笑)

    Dolphyは唯一の存在なんでしょうね。
    真似やコピーは出来ても、とてもあんな風な音楽は出来ない。
    でもこのアルバムを聴いていると、彼もまたパーカーの子だったと思い知らされます。皆そうなんですが・・・。

    >レコード・コレクションの1枚目は、
    ”Last Date”でした。
    同じようにこのアルバムは僕にとって忘れられないです。
    Dolphyとの出会いが、僕の原点かもしれません。

    追伸。
    膝、お大事に、です。

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

clock- work

プロフィール

eeewaa00

Author:eeewaa00
WHAT'S NEW ?!

SO WHAT ?!

THAT WAS THAT !!

B.B.S.-eeewaa's Home Room

http://eeewaa1.bbs.fc2.com/

年別アーカイブ一覧

検索フォーム

Direct Mail to us from U.

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

Ranking

eeewaa1

zz- #01

zz- #02 GB-10NA zz- #03 AR300BK

AR-300BK

zz- #04 HS-JS1 zz- #05 SG 2000

SG-2000

zz- amp#01 zz- amp#02

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。