上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011
02
21

Don't call me Bird !

今日の気分。<温故知新>



先日、頂き物をしまして・・・。
僕の窮状を見かねてなのかどうなのか、
16ギガのポータブル・U.S.Bフラッシュメモリーなんですが、重宝いたしております。

まぁ、16ギガですから、バックアップ用と言うよりも、キャリアーとしての用途が主になるところですが(笑)

ところが、これが優れモノでありまして、最近のメーカーの対消費者マーケッティング・リサーチの緻密さと、弱電技術の進歩のたまものと言うか、これでもかというような付加価値が存在しておりました。

16ギガのうち、1~1.5ギガを使用して、取り込んで保存してあるファイルを、それぞれの属性に合わせてアクティブにしてくれるのです。
画像は、ビューアーで、動画やミュージック・ファイルはそれぞれのプレイヤーでと、それはもう便利極まりない事!
テキスト・ファイルをフロッピーに保存していた事なんて、遥か遠い時代の感ですなぁ。あ~、長生きはするものです。


世間では、このメディアの事を
ウオークマンと呼ぶんだそうですが・・・。

と、ココまでが枕です。
あんまり笑ってはもらえなかったかもですが、まだまだ二つ目なものですから、お許しのほど。

で、
とりあえず、PCに取り込んであるファイルのうち5000曲位の楽曲を取り込んじゃいました。まだ空きが有る!頑張ります。


再度で、
ココからが今日の本題です。

このウオークマンには、面白い機能が有って、楽曲の分析を勝手に行い、たとえば【朝のおすすめ】たとえば【リラックス】などと、(実際には?が多いんですけど)ランダムに再生してくれます。
5000曲をランダムですから、まあ聞き流すには問題ないところです。

と、
早くも効能が現れました。
棚の奥の方に仕舞い込んだまま、とんとお出まし願わなかった猛者たちが、ここぞとばかりに張り切って、何十年振りか(笑)の演奏を聴かせてくれます。

「あ~、ごめんなさいでした。許して下さいね、忘れてた訳じゃぁない、いや忘れてたんですけど。」などと謝りつつ、久々にステージに上がって今なお色褪せない演奏を届けてくれる事に感謝と、新たな感動を体現している次第です。

そこで、この【今日の気分<温故知新>】ステージを提供して、彼らに出演の機会を提供する事にしました。
ということで、
今後とも、宜しくです。


ウオークマンのプレゼントは、とても嬉しくて、本当は飛びあがっちゃいたいんですが、そこは年相応に落ち着いたふりをしています。
ですが、ツイッターに書いちゃいました。

そのツイットと、写真とが今回の主役です。





Stittなう。いい天気、です。
sttit wm twp12



再度、ということで。

Sonny Stitt

解説は、本編動画使用時に譲ります。例に倣って、です。

ただ一言だけ、以下の一文で顔見世といたしますので、
興味のある方は予習の程・・・。

では、前置きが長くなりましたが、お楽しみの程。



Don't call me Bird !







Sonny Stitt JJ Johnson H. McGhee - Now's the Time




Sonny Stitt Quartet 1956 - I Know That You Know
Sonny's Tune - The Sonny Stitt Quartet




Recorded: Fine Sound, New York, NY September 14, 1956

Personnel:
Sonny Stitt - Alto Sax
Jimmy Jones - Piano
Ray Brown - Bass
Jo Jones - Drums





Blues For Yard By Sonny Stitt
Lester Leaps In- Sonny Stitt



Blues For Yard By Sonny Stitt
Sonny Stiit(alto sax)
Doro Coker(piano)
Edgar Willis(bass)
Kenny Dennis(drums)
From The album "37 Minutes And 48 Seconds" Royal Roost Label.
Recorded 1956




Miles Davis & Sonny Stitt all blues Live In Stockholm 1960 CD 1 1960
Gene Ammons / Sonny Stitt 1962 ~ Walkin'




Gene Ammons / Sonny Stitt 1962 ~ Walkin'
Recorded: Van Gelder Recording Studio in Englewood Cliffs, New Jersey February 18, 1962
Personnel:
Gene Ammons - Tenor Sax
Sonny Stitt - Tenor Sax
Don Patterson - Hammond B-3 Organ
Paul Weeden - Guitar
Billy James - Drums


楽しんでいただけましたか?
本日はこれまでです。
あ、そろそろ3月。
一周年の準備しないと!





スポンサーサイト

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。
  2. 2011/02/21(Mon) 20:44あひる [ URL|Mail ]

    ソニースティットさんはブルースが好きなのかな?
    ブルースプレイですごく生き生きしているように聞こえました。

    もしかしてew1 さんもブルースが好きなんでしょうか??

    あひる

  3. 2011/02/22(Tue) 00:47ew1 [ URL|Mail ]

    あひるさん、こんばんは。

    >もしかしてew1 さんもブルースが好きなんでしょうか??

    はい!大好きですよ。
    こてこてのシカゴブルースも、リズムアンドブルースも、ジャズブルースも、何でも来いです。オネエチャンと一緒ですw

    Stittのブルースはバップのお手本ですね、あいや、歌ものもですが。
    あ、ココには貼らなかったけれど、バラードもいいですよ。有名なのは、「スカイラーク」かな。
    ユーチューブに在るかもしれないから、お暇なときにでも。。。
    またお越しください、です。

  4. こんにちは

    2011/02/24(Thu) 16:04iri [ URL|Mail ]

    Stittさんの演奏するジャズ
    春らしく軽快で良いですね^^
    楽しく聴かせて頂きました*^^*

    ウォークマン良いですね
    私も8ギガを持っていますが
    こんな色々な機能があるとは知りませんでした^^;
    アナログ人間なので取り込みもステレオからケーブルで。。。なので(苦笑)
    いつか使いこなせる様になるといいのですが(笑)

    皆勤賞、期待してますm(__)m^^

  5. 2011/02/25(Fri) 02:39ew1 [ URL|Mail ]

    iriさん、こんばんは。
    本当にいつもいつもありがとうです。

    このブログも、今月末でどうにか一年続けられた、良かったぁ~!、と言う事になります。
    この先も、舌先三寸街道まっしぐらを心がけますので、お付き合いのほどよろしく、です。

    >ウォークマン良いですね
    私も8ギガを持っていますが

    どうぞ、楽しく活用してください。
    PCからの取り込みや使用法、宜しければお教えいたしましょう。手とり、足とり・・・。

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

clock- work

プロフィール

eeewaa00

Author:eeewaa00
WHAT'S NEW ?!

SO WHAT ?!

THAT WAS THAT !!

B.B.S.-eeewaa's Home Room

http://eeewaa1.bbs.fc2.com/

年別アーカイブ一覧

検索フォーム

Direct Mail to us from U.

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

Ranking

eeewaa1

zz- #01

zz- #02 GB-10NA zz- #03 AR300BK

AR-300BK

zz- #04 HS-JS1 zz- #05 SG 2000

SG-2000

zz- amp#01 zz- amp#02

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。