上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010
12
27

#048- Fukatu eri- with Albert Ayler

#048- Fukatu eri- with Albert Ayler




さて、押し詰まってきました。
寅年も残り後5日。
来年は、麗しくも可愛く、愛すべきまた愛されるべき、卯(ウサギ)の登場です。
さあ皆で素晴らしい年を迎えましょうか、です。

と、その前に、今年の締めくくり?を・・・。

3月からではありましたが、この10ヶ月、暖かいお付き合いありがとうございました。

師匠を始め、当初からご指導いただいた先生、リンクをさせていただいたたくさんのブロ友の皆さん、その上コメントを寄せてくださる怖いもの知らずの兵達・・・。
そして、物言わぬ静かなご訪問者の皆さん。
また、尋常な状況では、言葉を交わす事も出来ないような高名な先人の皆さん。
感謝の気持ちでいっぱいです。

とりあえず、お礼と今後の長いお付き合いを切望して年末のご挨拶を、早めにやっつけておきます、です。


再度、さて、
10月からの忙しさも、やっと終わり、クリスマス・セールの手抜きエントリーも見逃していただいた事に感謝して、今年最後のメイン・スタッフのお届けです。

女子選手の動画については、少しエロとは程遠い感も否めませんが、楽曲と演奏者とには頑張ってもらいました。

ただし、記事については、引用の方が多くなりました。乞うお許しを、です。
なにせ、自分で書き始めると、きっととんでもない事になりそうなもので・・・。
この先、当ブログが続く限りは、何度も登場願う筈ですから、その時々に少しづつ思いを書きとめたいと思う今日この頃、です。

では、まず動画をご覧ください。






#048- Fukatu eri- with Albert Ayler



Fukatsu eri- Photo, muvie 



wikiより
深津 絵里(ふかつ えり、本名:同じ、昭和48年(1973年)1月11日 ‐ )は、日本の女優。所属事務所はアミューズ。
愛称「ふかっちゃん」。
大分県大分市出身、身長156cm、体重41kg、血液型O型、山羊座。堀越高等学校卒業。



もう皆さんお馴染みの女優さんです。
気がつくと、あっという間に成熟した実力派として映像に舞台にと活躍しています。
クリスマス・エクスプレスでの登場が1988年ですから、早いもので20年以上を経過しました。
映画本編、舞台演劇はもちろんTVでもプロデューサーお助け女優として引っ張りだこの様で、嬉しい?限りです。
これからも、大人の本物の演技者としての活躍を期待します、です。

2010年、映画『悪人』が9月11日に公開され、
この映画『悪人』で第34回モントリオール世界映画祭最優秀女優賞を受賞しました。





深津絵里-wiki
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B7%B1%E6%B4%A5%E7%B5%B5%E9%87%8C

深津 絵里 - アミューズ オフィシャル
http://www.amuse.co.jp/artist/fukatsu_eri/




映画『悪人』OFFICIAL(Akunin)Trailer.......News Staton- 2010/9/11






ご多分にもれず、こんなのもありました。
お楽しみください。可愛いなぁ。
当初は「水原里絵」、また「高原里絵」名義でアイドル・歌手活動もしていたが不調に終わり、その後は本名での活動に落ち着いた(高原里絵と深津絵里を併用していた期間がある)。

深津絵里 デビュー15歳







動画に使用した楽曲と演奏者は、

Albert Ayler
When The Saints Go Marchin' In
Nobody Knows the Trouble I've Seen



すべてを、アイラーより始めねばならない

Albert Ayler
ailer1 ailer3 ayler4 ayler6 ayler7


アイラーについては語りたい事が多すぎて、何から手をつけて良いのやらまた、話すとたぶん止まりません。
そこで今回は、ごく初歩のアイラー紹介を、wikiと、有る言葉と、アイラーを扱ったブログの記事とに譲る事にします。
あ、アイラーについて書いている本も2冊紹介しておきましょうか。

とにかく、4曲の動画を貼っておきますので、これまでご存じなかった方も、どうぞ記憶にとどめておいてください。冒頭にも書いたようにこの先何度も登場願いますので。


音楽そのものを感じていただければ、っと、この言葉ローランド・カークの所でも書きましたっけ・・・。




wiki-

Albert Ayler (July 13, 1936 – November 25, 1970) was an American avant-garde jazz saxophonist, singer and composer.
Ayler was among the most primal of the free jazz musicians of the 1960s; critic John Litweiler wrote that "never before or since has there been such naked aggression in jazz". He possessed a deep blistering tone―achieved by using the stiff plastic Fibrecane no. 4 reeds on his tenor saxophone―and used a broad, pathos-filled vibrato.
His trio and quartet records of 1964, like Spiritual Unity and The Hilversum Session, show him advancing the improvisational notions of John Coltrane and Ornette Coleman into abstract realms where timbre, not harmony and melody, is the music's backbone. His ecstatic music of 1965 and 1966, like "Spirits Rejoice" and "Truth Is Marching In" has been compared by critics to the sound of a brass band, and involved simple, march-like themes which alternated with wild group improvisations and were regarded as retrieving jazz's pre-Louis Armstrong roots.



アルバート・アイラー(Albert Ayler、1936年7月13日 - 1970年11月25日)は、アメリカ合衆国のジャズ・サックス奏者、歌手、作曲家。1960年代のフリー・ジャズ最初期における主要人物のひとり。



オハイオ州生まれ。弟のドナルド・アイラーはプロのトランペット奏者で、兄弟共演をしたこともある。ハイスクール時代から音楽活動を開始するが、当初はブルースの分野で活動し、リトル・ウォルターとも共演。
1960年代を通じてフリー・ジャズを追求し、1964年にはESPレーベルの第一弾アーティストとして、アルバム『スピリチュアル・ユニティー』発表。本作はフリー・ジャズというジャンルの代表的作品として知られ、収録曲「ゴースツ」は、アルバートの代表曲とされる。1966年には名門インパルス!レコードと契約。1968年のアルバム『ニュー・グラス』は、大半の楽曲がボーカル入りという異色作。
1970年11月に行方不明となり、25日、ニューヨークのイースト川で死体が発見された。公式には溺死とされているが、他殺説もある。

ジョン・コルトレーンは来日時のインタビューで、もっとも自分に影響を与えた音楽家二人としてオーネット・コールマンとともにアイラーの名前を挙げた。アイラーの演奏を聴いて、自分もこのように演奏できたら、と言ったとの説あり。アイラーは、コルトレーンに心酔していた。コルトレーンの葬儀の時にはソロ演奏もした。





Albert Ayler- US.wiki
http://goo.gl/t8PtJ

Albert Ayler - ジャズ・ディスコグラフィー・プロジェクト
http://goo.gl/v4wni



最後に、
アイラーは、自分の「即興演奏」の定義として、
 ‘無意識の内に自己の中に注入された苦痛感を通じて、自己の感情を表出する事、つまり、気づかぬうちに内面に生じた苦痛によって、感情が突然ホーンのバブルを押し開げて、音として飛び出してくるといった衝動です。’と語っている。


ayler2



Albert Ayler - Ghosts




四方田犬彦「すべてをアイラーからはじめなければならない」(『ジャズ  ベストレコードコレクション』新潮文庫)
中上健次『破壊せよ、とアイラーはいった』





映画- ユリイカ(EUREKA)
yuriika


ユリイカ(EUREKA)
出演: 役所広司, 宮崎あおい, その他
監督: 青山真治


この曲(Ghosts)が使われているのが、バスジャック事件の生き残りであるバス運転手の沢井が同じく生き残った乗客の兄妹と、新しいバスに乗って旅に出るという再生への一歩を踏み出す重要なシーン。


アイラーから始めるとはどういう事か?社会学者の宮台真司はよく絶望が足りないと言っていたが、つまりすべては絶望から始めるべきだという事だ。この場合の絶望とは決して自意識から導き出されるようなものではなく、条理、不条理という二項対立を超えた処にあるような非・条理ともいうべき実存的何かだろう。
by ill-licht | 2005-08-19 00:15 | 映画の記事より。
http://goo.gl/wZzKM



Spirits- Albert Ayler
Summertime- Albert Ayler




From "My Name is Albert Ayler." One of the greatest Ayler performances, the one you can imagine
Coltrane listening to in 1965 and saying "this guy is profoundly ahead of me.


Ol' Man River- Albert Ayler



"Ol' Man River" (music by Jerome Kern, lyrics by Oscar Hammerstein II) is a song in the 1927[1] musical Show Boat, that contrasts African American hardship and struggles of the time with the endless, uncaring flow of the Mississippi River, from the point-of-view of a dock worker on a showboat.[2] [3] It is the most famous song from the show. It is sung complete, once, by the black dock worker "Joe" who travels with the boat, and is re-sung three times more in brief reprises. Joe serves as a sort of musical one-man Greek chorus, and the song, when reprised, comments on the action, as if saying, "This has happened, but the river keeps rolling on anyway".




Lyrics | - Ol’ Man River lyrics



最後に貼った曲は、皆さん良くご存じの Ol' Man River(Old man river)
ミシシッピー川の事ですね。
広大な、ゆったりとたゆたう流れと、黒人の苦悩。
物悲しい中に、力強さを感じさせる静かな魂の演奏です。
とりあえずの、今年最後の楽曲でした。

今回は、深津絵里選手、Albert Ayler霊人の二人の出走でした。
このエントリーが今年のメイン・スタッフの締めくくりです。
後は、年末に再度の御挨拶となるでしょう、まぁ、これも相変わらず未定ですが。

それではこの辺で・・・。



Ol' Man River

作詞:オスカー・ハマースタイン二世
作曲:ジェローム・カーン
1927年


《ヴァース》 
黒人たちはミシシッピーで働くんだ
黒人たちは、白人たちが遊んでいる間も働くんだ
日の出から日暮れまで船を引っ張ってな
最後の審判のときまで休みなしさ
見上げてもだめ、見下ろしてもだめだ
わざわざ白人のボスの顔をしかめさせるようなことはしてはいかん
ひざまずいて頭をたれて
死ぬまでロープを引っ張るんだ
俺をミシシッピーから逃がしてくれ
俺を白人のボスから逃がしてくれ
俺をあのヨルダン川の流れに連れてってくれ
あの、俺が渡りたい川に

《コーラス》
オール・マン・リヴァー、あのオール・マン・リヴァーよ
やつはわかっているんだろうが何も言わない
ただ流れるだけ、流れ続けるだけだ
やつはジャガイモも植えないし、綿も植えない
綿を植えたものたちのことなんか、すぐに忘れちまう
だけどオール・マン・リヴァーよ、やつは流れ続けるだけだ
俺もお前も汗をかいて苦労するだけさ
体はくたくたに疲れて、どこもかしこも痛みやがる
船を引っ張れ!荷物を運ぶんだ!
ちょっと酔っぱらえば務所に放り込まれるのが落ちさ
くたくたで、もう何もする気力はねえ
生きるのは飽きたけれど、死ぬのは怖い
だが、オール・マン・リヴァーは、ただ流れ続けるだけさ


スポンサーサイト

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。
  2. こんにちは^^

    2010/12/28(Tue) 16:18iri [ URL|Mail ]

    ew1さんこんにちは、年末は如何お過ごしでしょうか?
    良い年末年始なりますように・・・

    アルバートアイラー、素晴らしい演奏ですね
    心に熱く響くサックスの音色です
    Old Man Riverの歌詞もこんな意味だとは
    知りませんでした
    何だかとても哲学的ですね~~
    この内容にも条理不条理を感じます

    この4月からこちらに偶然にご訪問させて頂いて
    ew1さんには沢山の事を教えて頂きました
    心から感謝ですm(__)m

    来る、愛されるべき??(笑)うさぎ年も良い年になりますように・・・
    又来年も引き続きご指導の程、どうぞ宜しくお願いします^^

  3. 2010/12/29(Wed) 02:03ew1 [ URL|Mail ]

    iriさん、こんばんは。
    いつもありがとう、です。
    こちらは、やっと忙しさから解放されました。
    何とか、今年も乗り切れそうで、一安心というところでしょうか。来年こそは、良い年にしたいものです。
    iriさんも、どうぞ良い年越しと、新年をお迎えください、です。

    アルバート・アイラーも気にいってもらえて、とても嬉しく想います。
    iriさんも、結構この手の演奏に心を揺さぶらされる赤い魂をお持ちのようで、嬉しい限りです。
    来年も、ドバット行きますので・・・。

    >この4月からこちらに偶然にご訪問させて頂いて
    >ew1さんには沢山の事を教えて頂きました
    >心から感謝ですm(__)m

    偶然は、必然のなせる技だと思っています。
    ひょっとしたら、赤い糸かも(笑)。
    独りよがりのブログですが、これからも宜しくお願いします。
    こちらこそ、感謝、です。

    愛されるべきウサギの年、どうぞ今年はウサギを食さないでください。切に切に・・・。

  4. 2010/12/30(Thu) 16:24あひる [ URL|Mail ]

    アルバートアイラーさんの最初のソロ。
    こまかくて深く振るえるビブラートはまるでヴァイオリンのように聞こえます。

    来年もたくさんのミュージシャンや楽曲の紹介を楽しみにしています。
    よいお年をお迎えください。

    あひる

  5. 2010/12/31(Fri) 00:23ew1 [ URL|Mail ]

    あひるさん、どうもです。

    何時もいつも温かい言葉、ありがとうございます。
    アイラーや、カーク、そのほかのフリー系?の演奏も聴いて下さり嬉しく想います。

    来年もどうぞ宜しくです。
    良い年をお迎えください。

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

clock- work

プロフィール

eeewaa00

Author:eeewaa00
WHAT'S NEW ?!

SO WHAT ?!

THAT WAS THAT !!

B.B.S.-eeewaa's Home Room

http://eeewaa1.bbs.fc2.com/

年別アーカイブ一覧

検索フォーム

Direct Mail to us from U.

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

Ranking

eeewaa1

zz- #01

zz- #02 GB-10NA zz- #03 AR300BK

AR-300BK

zz- #04 HS-JS1 zz- #05 SG 2000

SG-2000

zz- amp#01 zz- amp#02

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。