上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010
08
17

anex- Wayne Shorter & Herbie Hancock -

追加 8/19/2010
昨日ブロ友さんからこの記事に、とても嬉しいコメントを頂きました。
それで、返事を書いたのですが、とても素敵な、ある意味ジャズの本質を指摘されているコメントだったので、
すこし記事を書き足しました。いや、新しい動画を作って、ご紹介するだけなんですが(笑)
【footprints】・・作曲者 Wayne Shorter 自身の色々な【footprints】の演奏の一つです。
1964年のオリジナルから現在に至るまで、【footprints】は進化しています。
追加は、Read More に・・・。




今日の気分

残暑見舞い!

暑さ寒さも彼岸まで、っと、まだ一カ月もある・・・。
とりあえず、お盆も無事に?終わり、もう少しの我慢ですが、今年の残暑は凄まじいです。
そこで、最後の暑気払いです。
少しは、気持ち良くなってもらいたい、いや、私が気持ち良くなりたいので・・・。


大御所の演奏をお楽しみください。

先ず、
長いです。
お二人には、好きにやってもらうしかありません。
だぁ~れも、文句は言えません、です。
でも、素晴らしい・・・。



Wayne Shorter & Herbie Hancock 1997
Footprints


Wayne Shorter & Herbie Hancock


この動画の冒頭で、Shorterが曲の紹介をしています。これが今回の記事の肝ですね(笑)
解説は、Read more で・・・。

  



1+1
On this remarkably intimate session, Herbie Hancock and Wayne Shorter reduce themselves to their purest instrumental voices, Hancock's piano and Shorter's soprano sax. In some way the improvisatory character is a return to their musical roots, eschewing the techno-grooves and layered sounds of their most successful commercial ventures. For Hancock it's a return to the spontaneity of the duets with Chick Corea, while for Shorter it's akin to the recording with Jim Hall and Michel Petrucciani. Either way, it's one of the most arresting dates of their later careers, a work of creative introspection and retrospection, two artists turning to a pivotal partner for inspiration. Whether the music is wistful or unsettling, it's the subtlety--almost the minimalism--that's most startling, a mature knowledge that you can sometimes make the most with the least. --Stuart Broomer

1997/7/1 Polygram Records
1. Meridianne - A Wood Sylph
2. Aung San Suu Kyi
3. Sonrisa
4. Memory Of Enchantment
5. Visitor From Nowhere
6. Joanna's Theme
7. Diana
8. Visitor From Somewhere
9. Manhattan Lorelei
10. Hale Bopp, Hip-Hop





では、古いやつも。
Miles Davis Quintet でもショーター、ハンコック伯父達を・・・。


Miles Davis Quintet - 1967 - Footprints

Miles Davis - Herbie Hancock - Wayne Shorter - Ron Carter - tony williams
Stockholm 1963

The video is actually from a concert done on October 31, 1967 in Sweden. Miles and the band were in Europe, playing in a concert package dubbed "Newport Jazz Festival In Europe" by George Wein. The video as shown is an outtake of this concert.



Miles Davis - So What(1964)

Miles Davis on Steve Allen Show.
Miles Davis, Wayne Shorter, Herbie Hancock, Ron Carter, Tony Williams

* マイルス親父さん、何を怒ってるんでろうか(笑)



フュージョン(クロスオーバー?)のはしりも・・・。


Wayne Shorter - Dindi 1969
WAYNE SHORTER, Footprints- Adam's Apple 1966


ビッチェス・ブリューも、リターン・ツウ・フォーエバーも、ウエザー・リポートも、あんまり聴かなかったけど、この【Dindi】では、何故か泣いたような記憶がある、薄暗いジャズ喫茶で。貰い泣き?(笑)多感な時期だったんです、ね・・・。
"Dindi " (Antonio Carlos Jobim) performed by Wayne Shorter released on "Super Nova" (Blue Note Records, 1969).
Wayne Shorter - Soprano Saxophone
Maria Booker - Vocals
John McLaughlin - Guitar
Walter Booker - Guitar
Sonny Sharrock - Guitar
Chick Corea - Keyboards, Vibraphone, Drums
Miroslav Vitous - Bass
Airto Moreira - Percussion
Jack DeJohnette - Drums, Thumb Piano


WAYNE SHORTER, Footprints
6th track from Wayne Shorter's "Adam's Apple" album, february 24, 1966. Blue Note Records. Wayne Shorter, Herbie Hancock, Reginald Workman, Joe Chambers.



というわけで、今回も手抜きの記事投稿でした。
そろそろ高校野球も佳境、ベスト8も出そろいますね。
優勝校が決まった頃には、お約束の綺麗な女優さんの動画をお届けします。
今度は、本当に・・・。
では、もう少し、猛暑の夏を何とか乗り切りましょうか・・・。




Footprints

この記事に貼っている動画を年代順に並べ替えると、以下のようになります。
順番に聞いて頂けると、曲の進化がお聴きいただけるかと・・・。


original
1966 WAYNE SHORTER, Footprints- Adam's Apple
1967 Miles Davis Quintet- Footprints


new?
performed by composer shorter

1985 Wayne Shorter Group - Footprints


Wayne Shorter Group - Footprints
アップロード者 omksru. - 最新の注目音楽動画をみる。

1997 Wayne Shorter & Herbie Hancock- Footprints
この動画の冒頭で、ショータはこう言っています。
「冒険です。少し奇妙なFootprintsをお届けします」と・・・。



 Footprints is a jazz standard composed by Wayne Shorter, first appearing on his 1966 album Adam's Apple.
Whilst in 6/4 metre, it is debatable whether it could be called a jazz waltz, since the feel could be divided into compound duple or simple triple time.
Harmonically, it takes the form of a 12-bar C minor blues, but this is heavily masked not only by its triple time signature but by its avant garde turnaround (series of chords that return back to the main, or I chord).




スポンサーサイト

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。
  2. こんばんは

    2010/08/18(Wed) 00:34iri [ URL|Mail ]

    本当に今年の夏は暑いですね^^;
    いつまで残暑が続くのかな?と少し心配になります。
    秋はやって来るのだろうか?とか(笑)

    にしても今日も良い音楽を聴かせて頂きました
    夏の夜に聴きたい、クールな音楽です。
    Footprints,はともかく素晴らしい。私は好きなタイプの音楽です
    そしてDindiは前後の激しい音楽と対照的なボーカルが確かに胸に迫ります、
    最後の女性の泣き声には私も目頭が熱くなりそうでした。
    その後の音楽が更に彼女のボーカルを引き立てている気がしました

    いつも良い音楽をどうもありがとうございますm(__)m

  3. 2010/08/18(Wed) 17:46あひるの歌 [ URL|Mail ]

    ハービーハンコックとウェインショーターのデュオ、すごいですね。
    これは、フットプリンツと同じタイトルの別な曲です。
    テーマが所々聞こえてくるのでわたしの知っているフットプリンツと同じ曲だと思いますが・・・。

    あひる

  4. 2010/08/18(Wed) 23:15ew1 [ URL|Mail ]

    <iriさん、今晩は。>
    いつもコメントありがとうです。
    【1+1】は、とても美しいアルバムです。
    もし見つけられたら、秋の夜長にきっと良い気分を連れてきてくれるでしょう、と、お勧めですw。

    >Dindiは前後の激しい音楽と対照的なボーカルが確かに胸に迫ります
    そうですね、トムジョビンの曲が女性のすすり泣きで・・・あぁ~、また涙かも、です。
    またいい曲を、お届けできるように頑張ります、です。




    <あひるさん、今晩は。>
    >ハービーハンコックとウェインショーターのデュオ、すごいですね。
    そうですね、流石に僕もそう思います、素晴らしいです。

    >これは、フットプリンツと同じタイトルの別な曲です。
    そうですね(笑)
    動画の最初に、ショーター自身が言っています。
    「冒険してみます、少し奇妙な【Footprints】をお届けします」と・・・。
    楽曲は、生きていて変化していくという事でしょう。
    この時点での、ショーターの【Footprints】ですね。

    【Footprints】は、6/4のCm-jazz waltzブルースですね、オリジナルは。
    Cm-Bulues のノーマルなturnaround は、
    【Dm7(b5), G7, Cm7】なんですが、ショーターは
    【F#m7b5, F7#11, Eaug7(#9), A7(#9), Cm7】と、斬新なchord progressionしてますw
    カッコいい!

    また、何かいい曲を探してきます。また遊びに来てください。
    追伸。
    ミスティー、楽しみにしていますw

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

clock- work

プロフィール

eeewaa00

Author:eeewaa00
WHAT'S NEW ?!

SO WHAT ?!

THAT WAS THAT !!

B.B.S.-eeewaa's Home Room

http://eeewaa1.bbs.fc2.com/

年別アーカイブ一覧

検索フォーム

Direct Mail to us from U.

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

Ranking

eeewaa1

zz- #01

zz- #02 GB-10NA zz- #03 AR300BK

AR-300BK

zz- #04 HS-JS1 zz- #05 SG 2000

SG-2000

zz- amp#01 zz- amp#02

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。