上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010
07
30

annex- Softly ~

今日の気分

暑気払い-#02
暑い!
爽やかな夜明けはいつ来るのか・・・。

そこで、ささやかな願いを込めて、


Softly as in a morning sunrise !
誰が邦題付けたのか、歌詞はホントは爽やかでは無いんだけれど(○○は、日の出のように、そっと忍び寄ってくるw・笑)・・・(歌詞はRead Moreに)





先ずは、33年前の、変態ギターから。

John Scofield Live- 77
Softry as in the morning sunrize



John Scofield (Guitar); Richie Beirach (Piano); George Mraz (Bass);
Joe LaBarbera (Drums)- GER.




次は、2007年の天才お嬢ちゃん。

Hiromi Uehara- Softly as in a morning sunrise solo version

Watch out the solo part of Hiromi and David!!






それでは定番を。
どちらがお好みですか?


1-Sonny Clark: "Softly as in a Morning Sunrise"
2-Wynton Kelly - Softly, As In A Mornings Sunrise




1-Sonny Clark Trio - Softly as in a Morning Sunrise (1957)
Sonny Clark - Piano
Paul Chambers - Bass
Philly Joe Jones - Drums

2-Wynton Kelly Trio - Softly, As In A Mornings Sunrise from Kelly Blue (1959).
Wynton Kelly - Piano
Paul Chambers (of course) - Double Bass
Jimmy Cobb - Drums




次は、a la carte。
でもやっぱり、縦笛も・・・。

1-Softly as in a Morning Sunrise Versions from Eric Dolphy
2-Softly as in a Morning Sunrise Live At The Village Vanguard: The Master Takes



1-(with Herbie Hancock on piano), Ron Carter (with Dolphy), The Modern Jazz Quartet, and John Coltrane and McCoy Tyner.

2-John coltrane,soprano sax- Eric dolphy,bass clarinet- Mccoy tyner,piano- Reggie workman,bass- Elvin jones,drums (1961/11/2)



* 歌ものスタンダード】だから、ボーカルも、です。

Bobby Darin - Softly, As In A Morning Sunrise
June Christy- Softly, As In A Morning Sunrise




Softly, As in a Morning Sunrise is a song with music by Sigmund Romberg and Oscar Hammerstein II from the 1928 operetta The New Moon. One of the best-known numbers from the show, it is a song of bitterness and yearning for a lost love, sung in the show by Philippe (tenor), the best friend of the hero, Robert Mission (baritone).
The original song was composed as a tango, and features a dance as accompaniment to the choral reprise, but many versions of the song have changed the tempo completely (there have been several jazz renditions). What some may consider the most ludicrous version is the one featured in the 1940 film version of the operetta, in which it is actually sung as a cheerful ditty by Nelson Eddy while he shines his shoes, despite the melancholy nature of the song's lyric.

Bobby Darin- 過去記事
#005 RINKA with Bobby Darin
http://eeewaa00.blog107.fc2.com/blog-entry-54.html


|: Cm | Dm7(b5) / G7 | Cm | Ab7 / G7 |
| Cm | Dm7(b5) / G7 |1.Cm / Ab7 |Dm7(b5) / G7 :||
|2.Cm|Fm7 Bb7||

| EbM7| EbM7 | Edim7 | Edim7 |
| Fm7 | Ab7 | Dm7(b5)| G7 ||

| Cm | Dm7(b5) / G7 | Cm | Ab7 / G7 |
| Cm | Dm7(b5) / G7 | Cm [Ab7 | Dm7(b5) / G7]||




さて、少しは爽やかな気分になれたでしょうか?
余計に暑苦しくなったとしたらば、お許しのほど。
逆療法も、良いかもと言い聞かせて、思いっきり汗を流すのもいいかも、です。
それではまた次回・・・。ふぅ、暑い!!







Softly as in a morning sunrise

Softly as in a morning sunrise
The light of love comes stealing
Into a newborn day

Flaming with all the glow of sunrise
A burning kiss is sealing
A vow that all betray

For the passions that thrill love
And lift you high to heaven
Are the passions that kill love
And let it fall to hell
So ends the story

Softly as in a evening sunset
The light that gave you glory
Will take it all away

Softly as in a morning sunrise
The light of love comes stealing
Into a newborn day
Flaming with all the glow of sunrise
A burning kiss is sealing
A vow that all betray

For the passions that thrill love
And take you high to heaven
Are the passions that kill love
And let it fall to hell
So ends the story

Softly as in a morning sunrise
The light that gave you glory
Will take it all away

Softly as it fades away
Softly as it fades away
Softly as it fades away
Softly as it fades away


作詞:オスカー・ハマースタイン2世
作曲:シグモンド・ロンバーグ
1928年

朝日が日の出のようにそっと
新しく始まる一日へとしのびよってくる
昇る陽の光とともに炎をあげながら
燃えるキスは、きっと裏切られる愛の誓いに封印をする

恋を燃え上がらせ、天にも昇ると思うほど
高く昂揚(こうよう)させてくれる情熱は
恋をあやめ、人を地獄へと突き落とす
それも同じ情熱!
恋の物語は、いつもそんなふうに終わるもの

かつて輝きに満ちていたものと同じ恋の光が
沈んでいく夕日のように静かに
今度は、そっとすべてを奪い去ろうとしている・・・






スポンサーサイト

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。
  2. 2010/07/31(Sat) 10:30iri [ URL|Mail ]

    おはようございます^^
    昨日は私の誕生日にメッセージをどうもありがとうございましたm(__)m
    心から感謝しています

    早速ですが今日もまたステキな音楽のご紹介をどうもありがとうございます
    私はジャズは本当に良く分からないのですが
    ew1さんのブログで色々なジャズを聴き
    とても良い物を教えて頂いています

    そして、どちらがお好き?ですが
    私ははじめの美しいアレンジも良かったのですが
    後半のwynson kellyさんの弾むようなアレンジが好きです

    次の2枚のユーチューブからは前半のdolphyさんの中の後半の
    「coltrane village vangard」と表示されている所での演奏が好きです

    子供の頃はピアノを習っていたのですが
    ジャスを知っていたらジャズのピアノを弾いてみたかったかも?
    なんて無謀にも思いました(笑)
    今ではとても無理でしょうけど^^;
    本当に良い音楽をどうもありがとうございました
    m(__)m

  3. 2010/07/31(Sat) 16:35ew1 [ URL|Mail ]

    お誕生日、ホントにおめでとうです。
    まだ、【みにゅう】の賞品もお送りしていないのですが、お誕生のプレゼントもいつの日にか、まぁ、未定ですが・・・。

    ジャズは、感じていただければそれが正解だと思っています。
    好き、嫌い、・・・それだけでいいんですよ。時々は、こっちの方にも足を向けてください。心に響くのが見つかるかもしれませんのでね。

    これから先も宜しく、です。

  4. 2010/07/31(Sat) 18:29あひるの歌 [ URL|Mail ]

    私の中ではソフトリーとサマータイムは同じなんです。
    暗いメロディーがサビの部分で一度メジャーになる。
    どちらも暑苦しくて暗いメロディーがあまり好きではなかったんですが、ギターを習い始めてこの曲を取り上げるようになってから少しだけ良さが分かってきたような気がします。

    まだまだ初心者ですが、こんな曲を練習すれば?っていう曲があればまた、教えてください。

    あひる

  5. 2010/07/31(Sat) 21:12ew1 [ URL|Mail ]

    あひるさん、いらっしゃい。
    あひるさんの先生は、良い選曲をされていると思います。
    ソフトリー、アナザーユー、枯れ葉、また今度のミスティー、それぞれがジャズイディオムの基本を学べ、メジャー、マイナー、の調性やを系統的に順序立てて学べると思います。
    それに、ミスティーの譜面のようにタブ譜で無い五線紙上の指番号譜での学習は、とても良いと思います。クラッシックでも何でも譜面で困る事はなくなるし、初見もきくようになりますw

    そうですね、アイ・ゴット・リズムのチェンジをお勉強されると良いですかね、先生に聞いてみてください。
    とにかく、マイペースで、楽しんでください・・・何時か、セッション出来たら(笑)いいですね。

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

clock- work

プロフィール

eeewaa00

Author:eeewaa00
WHAT'S NEW ?!

SO WHAT ?!

THAT WAS THAT !!

B.B.S.-eeewaa's Home Room

http://eeewaa1.bbs.fc2.com/

年別アーカイブ一覧

検索フォーム

Direct Mail to us from U.

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

Ranking

eeewaa1

zz- #01

zz- #02 GB-10NA zz- #03 AR300BK

AR-300BK

zz- #04 HS-JS1 zz- #05 SG 2000

SG-2000

zz- amp#01 zz- amp#02

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。