上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010
05
26

anex- The Art Of Tea- Michael FRANKS

今日の気分。

The Art Of Tea- 1975 Michael FRANKS
art of tea

1.Nightmoves
2.Eggplant
4.St Elmo's Fire
7.Popsicle Toes
8.Sometimes I Just Forget To Smile
9.Mr.Blue

3.Monkey See, Monkey Doo
5.I Don't Know Why I'm So Happy I'm Sad
6.Jive



Michael Franks (Banjo,Guitar, Vocals)
Michael Brecker (Tenor.sax)
Joe Sample (Keyboards)
Larry Carlton (Guitar)
Wilton Felder (Bass)
John Guerin (Percussion, Drums)
Jerry Steinholtz (Conga)
Larry Bunker (Vibraphone)



!Please Read postscript 【Read more】

6 Tunes appeared below.



#01- The Art Of Tea- Night Moves.
[高画質で再生]

#01- The Art Of Tea- Night Moves. [ランキング] [アダルト動画]



#02- The Art Of Tea- Eggplant.
[高画質で再生]

#02- The Art Of Tea- Eggplant. [拍手] [アダルト動画]



#04- The Art Of Tea- St Elmo's Fire.
[高画質で再生]

#04- The Art Of Tea- St Elmo\'s Fire. [SEO対策] [アダルト動画]



#07- The Art Of Tea- Popsicle Toes.
[高画質で再生]

#07- The Art Of Tea- Popsicle Toes. [情報商材] [アダルト動画]



#08- The Art Of Tea- Sometimes I Just Forget To Smile
[高画質で再生]

#08- The Art Of Tea- Sometimes I Just Forget To Smile [アクセスカウンター] [アダルト動画]



#09The Art Of Tea- Mr. Blue
[高画質で再生]

#09The Art Of Tea- Mr. Blue [ソーシャルネットワーク] [アダルト動画]




今月最後の、今日の気分、です。

アルバム全曲を紹介したかったけれど、6曲となりました。
このアルバムは、1975年の、【The Art Of The Tea】、(茶道)ということでしょうか・・・
マイケル・フランクスの代表作です。
このアルバムには、少し思い出と思い入れがあって、当ブログの祝3ヶ月無事到達、ということで登場していただきました。

今回は、とにかく聴いて頂ければとの思い。
マイケル・フランクスについては、6月中に、アントニオ・カルロス・ジョビンのトピックで詳しくご紹介します。
その異質の経歴と、トム・ジョビンとの関わり、書きたい事は山ほどあります。
大好きな、作家であり、演奏者ですから・・・


アルバムに付いて、一言だけ。
このアルバムは、それぞれの楽曲の完成度もさることながら、編曲、アンサンブル、そして、
セッションに参加している、スタジオ・ミュージシャン(敢えてこう呼びます)の技量と、音楽性の素晴らしさを存分に味わえます。
下に記したミュージシャンが参加しています。
皆さんは、もうお気づきでしょう。
彼等はこの後、それぞれが自分自身の名義でのアルバムを発表し、一躍大スターとなるのです。

ギターの、ラリー・カールトン
キーボードの、ジョー・サンプル・・・
anex-Spain (5/07付記事)アル・ジャロウ動画
http://eeewaa00.blog107.fc2.com/blog-entry-115.html

サックスの、マイケル・ブレッカー、
#021- Oginome keiko- with Michael Brecker(5/20付記事)
http://eeewaa00.blog107.fc2.com/blog-entry-136.html

Michael Brecker (Tenor.sax)
Joe Sample (Keyboards)
Larry Carlton (Guitar)
Wilton Felder (Bass)
John Guerin (Percussion, Drums)
Jerry Steinholtz (Conga)
Larry Bunker (Vibraphone)



ギブソン・ES-335、フェンダー・ローズピアノ、
ラリーとジョーと、マイケルと、その後の活躍の原点が、ここに見出せると思います。
前奏、間奏、エンディング、オブリガート、4小節、8小節、そしてたった、2拍、3拍の音に込められた、研ぎ澄まされ、考え抜かれた至玉のフレーズ、歌伴(ここでも敢えて)の最高のお手本です。勉強させてもらいました(笑)
マイケルは、最後のMr.Blueのみしか貼れませんでしたが、どうぞお楽しみください。
追記には、動くマイケル・フランクスを貼っておきます。


最後にもう一つ。
既に皆さんお気づきでしょうが、今回の動画は、全てFC2動画サイトよりの貼り付けです。
当ブログでは、主にユー・チューブ、ディリー・モーション、メタ・カフェ、より動画をお借りしています。
しかし今回、【The Art Of Tea】に関しては、その権利関係や、利用規約が、サイトごと、また楽曲ごとにまちまちでした。サイト内鑑賞は可能であっても、他所での貼り付けは不可のもの、楽曲そのもののポスティング自体が許されないもの、一時掲載されてもすぐに退場となるものと、アルバムとして複数の動画を貼りつけるのに困難がありました。
そこで、コロンブスの卵を立てる事にしました。
FC2動画は、言うまでも無く当ブログのメインサイトです。ただ、これまでは、アダルトサイトの利用に限っての事でした。ですが、今回からは、一般サイトにも、音楽動画を投稿する事にしました。どうぞ、お立ち寄りください。
以上が、経過です。ご了承ください。




Live- Eggplant
[高画質で再生]

Live-The Art Of Tea- Eggplant [アイコン] [アダルト動画]



スポンサーサイト

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。
  2. 2010/05/28(Fri) 18:45iri [ URL|Mail ]

    こんにちは^o^
    今日もステキな音楽のご紹介をどうもありがとうございます♪
    私の大好きで尊敬するMichael J
    と同名の方ですね^^
    何だかそれだけで嬉しくなります
    単純なので*^^*

    でもこちらのマイケルさんの音楽はとても優しいイメージです
    私はSt Elmo's Fireと言うナンバーが気になりましたが
    全体的に美しいアレンジが心に残るアルバムに思いました
    又良い音楽のご紹介をどうもありがとございました
    心が穏やかになる気がしましたぁ#^0^#♪

  3. 2010/05/28(Fri) 20:29ew1 [ URL|Mail ]

    女性に年齢の話はタブー?ですが(笑)
    iriさんの世代については解らないけれど、僕らの世代では、ちょうど【カフェ・バー】というものが流行っていた頃の、【AOR】というジャンルの音楽としてよく流れていましたね、マイケル・フランクス。
    本来は、もっと深い所に彼の音楽性はあるんでしょうが・・・

    6月中に、その事を含めて再度紹介しましょうね。
    とにかく、コメント有難うございました。

    追伸。
    St Elmo's Fireも、良い曲です、そう思います、です。

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

1.ライヴ・イン・ブカレストこれ欲しい ]

2010/05/30(Sun) 15:37

ライヴ・イン・ブカレストマイケル・ジャクソン(Michael Jackson)こ...

clock- work

プロフィール

Author:eeewaa00
WHAT'S NEW ?!

SO WHAT ?!

THAT WAS THAT !!

B.B.S.-eeewaa's Home Room

http://eeewaa1.bbs.fc2.com/

年別アーカイブ一覧

検索フォーム

Direct Mail to us from U.

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

Ranking

eeewaa1

zz- #01

zz- #02 GB-10NA zz- #03 AR300BK

AR-300BK

zz- #04 HS-JS1 zz- #05 SG 2000

SG-2000

zz- amp#01 zz- amp#02

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。